大きく目立つ看板はコストを決めてから作成しよう

チラシの配布

書類を持つ女性

宣伝広告と今後について

商品やサービスの宣伝方法として、昔から変わらずに存在しているのがチラシである。近年では、インターネットの普及により宣伝広告の方法にも変化があるが、チラシによる宣伝広告では、現在においても主流のものとなっている。 このチラシによる広告では、新聞などに織り込み広告としてチラシ配布を行う方法や、街頭でのチラシ配布、マンションや住宅などのポストへ投函するチラシ配布などいくつかの方法がある。チラシ配布では、ポケットティッシュにチラシを挟んで配布する方法や、うちわなどの形で配布する方法など様々な工夫がされている。 また、チラシに概要とホームページのURLを記入し、詳細はホームページで見てもらうという手法も取り入れられるようになってきており、今後もネットとの共存が進んでいくものと見込まれる。

チラシ配布における注意点について

宣伝広告を行う場合、チラシ配布を利用する際にはいくつかの注意点がある。まずは、街角などでチラシ配布する場合には、ターゲットとする年齢層やエリアへの考慮が重要になる。 チラシ配布については、数多く配布するということのみでは、効果が得られにくく、商品やサービスを販売したい人に的確に配布することが効果を上げる上で重要になる。その為、配布場所やターゲットなどを絞り込み、的確な人に配布することが重要になる。 また、多くの枚数を配布する場合には、そのコストへの配慮も重要になる。例えばフルカラーのチラシや用紙の質などにより1枚当たりのコストが大きく変わってくる。これらを大量に配布する場合、そのコストも大きくなるため、費用対効果を考えた上での実施が重要になる。